28
書いた人
金原

正しいテニスシューズ選びは、けがをせずにテニスを楽しむための基本条件。

●注文の多いテニスシューズ

テニスは相手の手の届かない所にボールを打って得点するゲームです。

試合となれば、相手の打つボールに応じて、前後左右、ときには上下へとさまざまな動きが生じ、足首、ひざ、ももなど、足は大きな負担を強いられています。
この足への負担を少しでも軽くするのがテニスシューズの役割です。そのためにプレーするサーフェスに合わせて特長も異なっています。

摩擦力の大きなハードコートでは、サーフェスと接するソールの凹凸を少なめにしてスライド性をもたせ、急激なストップによって足首やひざが大きな負荷を受けるのを避けようとしています。また逆に滑りやすいクレーコートでは、ソールの溝を深く密にすることでコートをしっかり押さえ、ムダな力を入れることなく次の動きへの準備ができるようにしています。

この特長の違いが、テニスシューズはサーフェスに合わせて用意すべきだと言われる所以です。
こうしたソールパターンの工夫だけでなく、どのような性質のゴムがそれぞれのサーフェスに有効かという側面からも、各メーカーのシューズ開発は進んでいます。

●購入するときは必ず試し履きを

人間の足の形は千差万別。どんなにすばらしい機能を搭載しているテニスシューズも、すべての人にぴったりというわけではありません。

最近ではシューフィッターの資格を持つ店員のいる靴屋も増えていますが、テニスシューズも“多少の大きさはひもや靴下で調整すればいい”という時代ではありません。
試し履きをするときには、シューズの中で足が左右に泳がない、くるぶしがシューズにあたらない、かかとがしっかりホールドされる、などを確認するといいでしょう。

また足や身体への負担を軽減するために、どのような衝撃吸収機能が搭載されているかも、チェックしたいところです。

●いたまぬ先の心がけ

最近では中高年のテニス愛好者も多くなっていますが、特にこうした中高年プレーヤーで気をつけたいのはひざのけが。

自分の体力や筋力以上のプレーは、いかに優れた機能を持つシューズといえどもカバーすることはできません。

1本のナイスキャッチのために、しばらくテニスはお預けということにもなりかねないので、楽しいテニスライフを送るためには、相手の鋭いショットを見送る勇気も必要です。

28
書いた人
金原

シューズの買い替え時期はいつごろ?!

▲ソールの凹凸が少しでも減った。
…それぞれクセがあるので部分的に減ってきています。周りがあるから滑らないのではなく、常に使っているところが減っています。
▲アウトソール・インソールが硬くなってきた。
…新しいシューズはほわほわ感があり足にフィットします。
それがなくなるとシューズの中で足が滑り始め、余分な力でスタートストップをすることになり、プレーにも影響してきます。
▲足のサイズが変わった。・・・成長に合わせ自分に合ったものを履く。

28
書いた人
金原

失敗しないシューズ選びのポイント

◆ソールの種類…砂入り人工芝orクレーコート用/オールコート用
(静岡県西部地区の学校のほとんどが砂入り人工芝かクレーコートです。試合等で使用される花川運動公園は砂入り人工芝です。)
◆機能性…衝撃吸収性耐久性/フィット感/重軽量感
(各メーカーにより表示の仕方やキャッチコピーが異なります。)
◆サイズ
◆ブランド性 デザイン性 価格
◆履き心地…これが一番大事です!足の形は10人10色。
※とにかく試履きして履き心地を味わおう!