会社概要

会社名合資会社 アオヤマ
設立1958年9月30日(昭和33年)
資本金700万円
代表者青山 剛
就業員数8名
平成27年度総売上高¥450,000,000-
営業内容スポーツ用品全般の販売
テニスコートおよびグラウンドの設計施工【県知事(般28)19207号】
テニススクールの経営
浜松市テニス協会事務局 事務局長
浜松市ソフトテニス協会事務局
浜松市山岳協会事務局
浜松市スキー協会事務局
所在地
本店
静岡県浜松市中区肴町316-2
TEL:053-454-9148/FAX:053-454-0448
E-Mail:ats@aoyamasp.co.jp
関東出張所

 

主要取引銀行静岡銀行/浜松信用金庫/三菱東京UFJ銀行

アオヤマの歴史

1958 (昭和33年)

始まりの時


合資会社アオヤマ起業
軟式テニスにて、アジア大会、インターカレッジ優勝、天皇杯準優勝などの戦績を持ち、日本のテニス界に精通していた青山勝(まさる)が、地元浜松にスポーツの魅力を普及する為、活気に溢れた市場のある肴町商店街に地域密着のスポーツショップとして起業。時を同じくして、テニスを通じて結ばれた皇太子殿下と美智子様の婚約が国民の共感を呼びテニスブームが到来。東京タワー竣工、スバル360発売、コカ・コーラー日本発売など、時は高度経済成長期の始まり、まさに映画「三丁目の夕日」のような、日本中が夢に溢れている時代の中で、アオヤマは歩み始める。

 

1964(昭和39年)

スポーツによる育成


1964東京オリンピック
アテネ(1896)から パリ(1924)までは正式競技であったテニスは、当時、アマチュア大会であった世界最古のテニストーナメント「ウインブルドン」(1877~)などもあり、正式競技としては開催はされていない。翌大会のメキシコ(1968)~ ロス(1984)までは公開競技となり、ソウル(1988)から正式競技として開催され現在に至る。また、この頃からアオヤマスポーツは、オリンピック理念でもある「スポーツを通して心身を向上させ、さらには文化・国籍など様々な差異を超えていく」という、あるべきスポーツの姿を具現化する為、現在の 公益財団法人 日本テニス協会(JTA)、公益財団法人 日本ソフトテニス連盟(JSTA)、公益財団法人 全日本スキー連盟(SAJ)、公益財団法人日本ゴルフ協会(JGA)、公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)の下部団体事務局など、多岐にわたりスポーツ振興に力を注ぎ、次世代を育成している。

 

1975(昭和50年)

世界との繋がり


YAMAHAテニスラケット開発
FRP成形技術を活かしてスキー板などスポーツ事業を展開していたヤマハにて、プロテニスプレーヤー小杉貞夫(全日本混合優勝、全日本ランキング3位、現・静岡県テニス協会副会長)らと、新規にテニスラケットを開発に関わる。これにより、YFGシリーズなど世界的に普及するYAMAHAラケットと共に、アオヤマスポーツは世界のプロ選手との関わりを強くしていく。アオヤマが開発協力したラケットは、ガブリエラ・サバティーニが全米オープンを制した事によっても、確かな技術が証明されている。

1979(昭和54年)

プロ化の波


ジャパンオープン プロ化
全日本選手権はアマチュア選手の大会であったが、1960年代後半からプロ化の波が押し寄せ、多くのプロ選手が誕生した。そのため、賞金制度が導入され、アマチュア、プロを問わない、名実共に日本一のテニスプレーヤーを決定する大会となった。後に、アオヤマスポーツの代表となる青山 剛(たけし)は、ジャパンオープンに審判員として関わっている。

1985(昭和60年)

メーカーとの繋がり


アートスポーツ × アオヤマスポーツ
この頃からアオヤマスポーツはより積極的にテニス業界を牽引するようになる。浜松テニス協会の運営を事務局として活動。日本大学にてテニスの道を歩む剛は、浜松出身の松本貴志也プロのテニススクールで修行した後、東京御徒町にて、日本のテニス界を席巻しているアートスポーツ(1967創業 現在新会社にて運営)にて働く。ここでの修行が後の大手メーカーとの人脈を築く礎となる。

1988(昭和63年)

創業者 勝 の活躍


ソフトテニス、硬式テニス、ダブル優勝
創業者 青山 勝が、国体優勝の翌年、脳梗塞で倒れるが、リハビリの後、連覇を成し遂げている。県大会で、ソフトテニス、硬式テニス、両方で優勝したプレイヤーは、青山 勝のみである。大病を乗越え優勝した活躍は各方面から話題となり、様々なメディア取材を受けている。また、この頃、次世代の為にテニスの教本を執筆している。

1990(平成2年)

新時代の訪れ


青山 剛 代表就任
再び脳梗塞で倒れた勝をサポートする為、長男 剛が浜松に戻り、28歳の若さでアオヤマの全事業を引き継ぐ。一番関わりの深いテニスを軸にする事に方針を定め、テニスの普及活動に力を入れる。より普及させる為には、後進を育てる必要があると考え、浜松工業高校テニス部出身であった剛は、建築測量技術を持つ学友達の協力を得て、学生向けコート整備事業に着目し、事業を拡大する。数年後には、静岡西部地区の中学、高校のクレイコートは、ほぼアオヤマの施工となる。現在もアオヤマのロゴが記載されたオリジナル支柱が残る学校は少なくない。また、テニス部の部員を対象に行われるテニス講習会も、この頃から無償で始め、現在も続けている。

1995(平成7年)

人工芝コートの普及


砂入り人工芝テニスコートを施工
様々な公共施設などに人工芝コートか導入されるなか、アオヤマも人工芝メーカーの協力の下、新たな技術で砂入り人工芝の施工を開始。先代から続く、浜松航空自衛隊テニスコートの整備などを手掛けている。人工芝コートは、この頃から急激に普及し、現在もメンテナンス含め、技術と経験を重ねている。この技術により全国から施工依頼を受ける事となったアオヤマは東京に事業所を構える事となる。

1997(平成9年)

大会スポンサーの改革


ジュニア選手権大会開催
浜松テニス協会事務局として浜松花川運動公園にJTA海外派遣ジュニアテニス選手権大会を誘致。クルム伊達とデンマーク・オープンダブルスを制した藤原里華などが、ここから躍動している。また、これまでの大会はメーカースポンサーは一社のみとなっていたが、この大会より複数のメーカーがスポンサーとなり大会運営できるよう、アオヤマが改革している。このスポンサーをオープンにした改革は、後のトヨタジュニアテニストーナメント、MUFGジュニアトーナメントと引き継がれ現在に至っている。

2003(平成15年)

天覧試合・国体誘致


静岡わかふじ国体
浜松テニス協会としてテニスを花川運動公園開催を誘致。大会初日に、現在もテニスを続けられている、天皇皇后両陛下が御観覧され、大きな話題となった。アオヤマは、この国体運営を全面的にサポートしている。

 

2009(平成21年)

全世代へのテニス普及


天皇陛下御在位20年記念 日本スポーツマスターズ開催
テニスに関わる第一世代の年齢層が高齢化してきた事もあり、様々な世代のニーズが求められている。高貴なスポーツとして画一的に捉えられる事により、入口が狭まれる事を懸念したアオヤマは、ラケットさえあれば、卓球のように気軽に楽しめるスポーツである事を、広く全世代に感じてもらいたいと考えるようになる。この頃に、財団法人日本体育協会(会長 森 喜朗)主催の日本スポーツマスターズ2009を、運営総務委員会として浜松に誘致。大会運営に関わり、それぞれの世代でのテニスの楽しみ方があることを伝えている。

2010~(平成22年~)

元プロが運営する国際大会の意義


浜名湖東急カップ 浜松三ヶ日国際レディーストーナメント開催
アオヤマスポーツ主導により、三ケ日国際トーナメントを開催。アオヤマは浜松三ケ日国際女子テニス大会実行委員会として活動をしている。 この大会は、元プロ選手が運営する大会としてモデルケースにもなっている。引退後の選手により運営する事により、より現役選手と親身になり運営することができ改善点が見つかる。日本テニス協会の普及委員会として活動する元プロ選手も育ち、車椅子テニスや、パラリンピックについて運営を学んでいる元プロ選手もアオヤマに在籍している。引退後の元プロ選手の活動する場を広げる為に、このモデルケースをより確立し広げていくのは重要な事であると捉え現在まで継続している。

2015~(平成27年~)

より本物の環境を身近に


日本初となるポータブルハードコート Green Set 施工
「グリーンセット」とは、リオ・オリンピックや、錦織圭選手の活躍で日本でもメジャーとなった、8選手のみで年間王者を決定するATPファイナルで採用されている「ポータブルハードコート」であり、アオヤマは日本で唯一の公式施工業者として、スペインのグリーンセット社と契約している。同年、北九州メディアドームに、このグリーンセットを施工し、日本初のポータブルハードコート施工実績を持つ事となる。リオ・オリンピックやATPファイナルで採用されているコートでの練習は、より本物に近い環境でのトレーニングとなる為、世界で戦う日本選手の活躍には欠かす事はできない。

2017~(平成29年~)

スポーツで差異を超えていく


屋外イベント・他競技国際大会スポンサー
様々なアプローチでの社会貢献に真剣に取り組んでいる。公益社団法人日本ウエイトリフティング協会(JWA)大会スポンサー契約も、その一環であり、他のスポーツとの交流は、より子供達の可能性を広げるものだと捉えている。6月に開催されたこの大会にはスポーツ庁、鈴木大地長官が訪れている。また、浜松駅前の屋外スペース「ソラモ」で開催されている自由参加のテニススクールには、様々な世代の他、障害児者も気軽に参加できるイベントとなっている。

2017~(平成29年~)

2020東京オリンピックへの道


東レ パン パシフィック オープン 地方開催誘致
Women’s Tennis Association (WTA) 承認の日本最高峰プレミアトーナメントの地方開催のコート設営にアオヤマスポーツとしてアドバイス協力している。有明コロシアム及び有明テニスの森が、2020年東京オリンピックのテニス会場となる為、工事中の代替開催となる。関東では、この聖地有明の工事によりテニススクールが運営できないなどの問題も出ているが、一方、地方では、めったにない世界ランキング上位のスター選手のプレーを間近に見るチャンスとなる。現在、浜松市と立川市で検討されているが、何れにせよ都心以外で開催された際には、若い世代に、この東レ パン パシフィック オープン地方開催を観戦して頂き、トップレイヤーの勇姿を目に焼き付け、また、試合に挑む個の精神力、集中力を肌で感じ体感していただきたい。
http://www.toray-ppo.com/